繁昌亭大賞に桂文三、奨励賞に桂かい枝、笑福亭たま

繁昌亭大賞に桂文三、奨励賞に桂かい枝、笑福亭たま

2006年9月に上方で戦後初の落語定席として、大阪市北区に天満天神繁昌亭がオープンしたのを機に設けられた「第11回 繁昌亭大賞」が11月30日、大阪市内で発表された。大賞は桂文三さん(ぶんざ、49)で、上方落語協会会長の桂文枝さん(73)の弟弟子にあたる。同大賞は入門25年目までの噺(はなし)家を対象としており、文三さんは制限いっぱいでの受賞となった。
奨励賞には同じく文枝さんの弟弟子の桂かい枝さん(47)と笑福亭たまさん(41)が選ばれた。