USJ 上半期の入場者数が過去最高の700万人達成

USJ 上半期の入場者数が過去最高の700万人達成

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市此花区)の今年度上半期(4~9月)の入場者数が過去最高の700万人を達成した。
USJは開業15周年を記念して、今春から「RE-BOOOOOOOORN!」「やり過ぎ」をテーマに様々なイベントを仕掛けている。新感覚のジェットコースター「ザ・フライング・ダイナソー」や、リニューアルされた「ハリー・ポッター」エリアなどが原動力となった。
昨年度の入場者数1,390万人の更新を目指しているUSJ。上半期はこの目標をまずクリアした形となった。
USJは今後、任天堂とコラボレーションした大型アトラクションの建設を計画しているほか、2017年にはアニメ映画のキャラクター「ミニオン」がテーマのエリアをオープンする予定。