JR「おおさか東線」北区間4新駅 2019年開通目指す

JR「おおさか東線」北区間4新駅 2019年開通目指す

JR新大阪駅と放出駅を結ぶ「おおさか東線」北区間に新しく設ける4つの駅の概要が9月26日、明らかになった。JRおおさか東線は、新大阪と久宝寺を結ぶ計画の路線で、2008年に放出から久宝寺までの南区間が先行開業している。
JR西日本は26日、新大阪から放出までの北区間に新しく設置する4つの駅の概要を発表した。それぞれ仮の名称で「西吹田」「淡路」「都島」「野江」の4駅で、各地域の歴史や豊かな水辺のイメージなどを駅舎のデザインに取り入れるとしている。
JR西日本は2019年春の全線開業を目指している。北区間が開通すれば、大阪東部の片町線(学研都市線)から新幹線の駅がある新大阪へのアクセスが大幅に向上する。