iPS細胞使った治療「安全」理研が米医学誌に論文

iPS細胞使った治療「安全」理研が米医学誌に論文

理化学研究所などのグループは3年前、加齢黄斑変性の70代の女性患者に、世界で初めてiPS細胞からつくった組織を移植手術する臨床研究のこれまでの結果を3月16日発行のアメリカの医学誌「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に発表した。
論文によると、手術前は症状が進み、徐々に悪化していた患者の視力は手術後、他の治療は行わなくても悪化が止まり、同じ視力を保っているという。また、これまでに「移植した細胞のがん化あ拒絶反応などの有害な症状は起きておらず、iPS細胞を使った治療の安全性が示された」としている。