4/28から関空第2旅客ターミナル線へ連節バス導入

4/28から関空第2旅客ターミナル線へ連節バス導入

関西エアポート(大阪府泉佐野市)と関西空港島内路線バスを運行する南海バス(大阪府堺市堺区)は、第2旅客ターミナル線(エアロプラザ⇔第2ターミナル)に4月28日から連節バスを導入する。今回導入する南海バスの車輌は車内が2つ繋がっているほか、低床部分も広く、大量輸送を可能とする車両だ。
現在1日平均1万人以上が利用している第2旅客ターミナルへの導入により、乗車待ち時間の短縮、車内の混雑緩和等の利用者の利便性、快適性が向上する。連節バスの導入は、空港内における路線バスでは国内初。バス事業者としても大阪では初となる。
導入台数は2台。車両寸法は全長18.12㍍×全幅2.55㍍×全高3.10㍍。従来の標準ノンステップバスの約2倍の100人程度の乗車が可能だ。