2025年万博にロシアなど新たに立候補 大阪と競合

2025年万博にロシアなど新たに立候補 大阪と競合

2025年の国際博覧会(万博)について、博覧会国際事務局(BIE、本部パリ)は5月22日、新たにロシアとアゼルバイジャンが立候補したと発表した。届け出は22日夕刻(日本時間23日未明)締め切られた。この結果、すでに立候補届け出しているフランス(パリ)、日本(大阪)と合わせ4カ国の争いとなった。
ロシアの招致都市はウラル山脈東部のエカテリンブルク。また、カスピ海西岸のアゼルバイジャンは首都バクーだ。いずれも2025年5月から半年間の開催を予定している。
開催地は2018年11月のBIE総会で、加盟国による1国1票の投票で決まる。