関経連会長に住友電工・松本社長 万博・IR誘致へ

関経連会長に住友電工・松本社長 万博・IR誘致へ

関西経済連合会は5月29日開いた総会で、副会長を務めていた住友電気工業の松本正義社長(72)を会長に選出した。関経連は新体制の下で2025年の大阪開催を目指す国際博覧会(万博)やカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致などに取り組む。
関経連のトップ交代は6年ぶりで、住友電工からは20年ぶり。松本氏は万博とIRについて、「政府や他の経済団体とも連携して、全力で取り組みたい」と語った。