関空の利用者数2年連続で最多更新へ 関西エアポート

関空の利用者数2年連続で最多更新へ 関西エアポート

関西国際空港と大阪(伊丹)空港を運営する関西エアポートによると、関空は訪日外国人旅行客の順調な伸びが続いており、利用者数は2年連続で過去最多を更新する見通しだ。格安航空会社(LCC)を中心にアジアで路線・便数が増えており、国際線の利用者数は11月までで、すでに2015年通年の実績を上回った。
関空の1~11月の国際線の利用者数は、前年同期比16%増の1720万人と15年の利用者数(1625万人)を11カ月で上回った。国内線を含めた全体の利用者数は、11カ月で前年同期比9%増の2317万人となり、通年で過去最多だった15年の利用者数(2322万人)に迫っており、これを上回るのは確実だ。