近大、吉本、オムロンら「笑い」の医学的検証研究

近大、吉本、オムロンら「笑い」の医学的検証研究

近畿大学、吉本興業、オムロン、NTT西日本は「笑い」の医学的検証を行い、「笑い」の測定方法と、「笑い」の習慣が身体や心理的健康を与える効果を解明するため、共同で研究を行うことになった。
2月15日から「なんばグランド花月」で、研究の第一ステージとして健常者を対象に研究を開始した。近畿大学と吉本興業は2016年12月に包括連携協定を締結しており、この研究はその提携事業の一環。今回、新たにオムロンとNTT西日本が参画し、日常的な「笑い」の医学的検証により、大阪らしい「笑い」のストレスマネジメントを各分野のリーディングカンパニーと共同で開発する。
これにより、「笑い」のあふれた新たな治療法を開発し、年間2.7兆円に上るといわれる精神疾患による社会的損失を「笑い」の力で解決することを目指す。