訪阪外国人旅客 年間900万人超え確実に 大阪観光局推計

訪阪外国人旅客 年間900万人超え確実に 大阪観光局推計

大阪観光局は10月25日、2016年1~9月に大阪を訪れた外国人旅行客数が、推計で前年同期比35%増の711万1,000人に達したと発表した。
中国、韓国など東アジアの伸びが大きかった。年間では、最多だった2015年の716万4,000人を大きく上回り、900万人台乗せが確実で、1,000万人に迫る勢いとしている。格安航空会社(LCC)の就航率の伸びやリピーターの増加などが要因。
国・地域別では中国が298万9,000人(前年同期比37%増)、韓国が113万5,000人(同46%増)で、これに台湾、香港を加えた東アジア4カ国・地域が555万8,000人となり、東京の549万4,000人を上回った。
このほか、タイ18万5,000人(同61%増)、フランス7万6,000人(同23%増)、アメリカ23万6,000人(同31%増)などとなった。