星野リゾート 通天閣近くに大型観光ホテル 大阪初進出

星野リゾート 通天閣近くに大型観光ホテル 大阪初進出

星野リゾートの星野佳路(よしはる)代表は4月24日、JR大阪環状線の新今宮駅前に建設する大型観光ホテルの概要を発表した。星野リゾートが大阪市の公募に応じ、市有地約1万4000平方㍍を約18億円で購入した。同社の大阪進出は初。
ホテルは20階建てで、温泉施設やカフェなどを設ける。客室数は608で、部屋の広さは30平方㍍以上。国内はじめ訪日外国人旅行者を含めた幅広い顧客の利用を措定し、一般的なビジネスホテルより高めの料金設定を予定している。2022年春にオープンする予定。
建設地周辺には通天閣、あべのハルカス、そして日雇い労働者が居住する「あいりん地区」と呼ばれる一角もある。ただ、全国で問題を抱え廃業に追い込まれた旅館やホテルを数多く再生してきた同社の”マジック”は、ここでも発揮されるのか、注目される。