大阪府 企業型保育所設置を促進 昨年度は76カ所設置

大阪府 企業型保育所設置を促進 昨年度は76カ所設置

大阪府は、待機児童の解消に向けた取り組みの一つとして、企業などに保育所の設置を促していく方針だ。
政府は2016年4月、事業所の中に保育所を設置した企業などを対象に、その整備費用や運営費を助成する制度を始めた。その結果、大阪府内では昨年度1年間で病院や福祉施設、タクシー会社など76カ所で、この制度を活用した保育所の設置が決まった。
それでも大阪府では2016年10月現在で3126人の待機児童がおり、この解消が急務になっている。そのため、府は引き続き企業向けのセミナーを開くなどして、保育所の設置を促していく方針。