大阪市が滞納給食費1億円超を弁護士に委託し回収へ

大阪市が滞納給食費1億円超を弁護士に委託し回収へ

大阪市教育委員会が11月から、滞納額が増加している学校給食費の回収業務の一部を弁護士に委託することが分かった。支払い能力があるのに再三の催告に応じない悪質な保護者が回収の対象。
大阪市の学校給食費の滞納総額は平成27年度末時点で、小中学校合わせ1億円超に上っている。給食費の滞納整備業務に弁護士を起用するのは政令指定都市で初めて。