大阪天満宮「終い天神」祈願絵馬焼納、餅つきで賑わう

大阪天満宮「終い天神」祈願絵馬焼納、餅つきで賑わう

大阪天満宮(大阪市北区)で12月25日、今年の縁日を締めくくる「終(しま)い天神」が執り行われた。今年最後の日曜日と重なり、道真公のご利益にあやかろうと、試験合格や学徳向上を祈願する多くの参拝者が訪れる中、1年分の祈願絵馬のたき上げや、元旦に供える餅つきが行われ、年末ならではの賑わいとなった。
毎月25日は祭神で学問の神、菅原道真公の縁日で、新年の「初天神」に始まって、終い天神をもって1年を締めくくる。拝殿前で神職が約10万枚ともいわれる絵馬に御神火をつけた後、順次焼納。境内の一角では搗(つ)きたての餅が参拝者に振る舞われ、写真や俳句の愛好家らが題材を求めて、この時期に繰り広げられる伝統の風景に見入っていた。