大阪万博 経産省の開催概要の報告書案まとまる

大阪万博 経産省の開催概要の報告書案まとまる

経済産業省は3月13日、2025年に大阪で開催を目指す国際博覧会(万博)について、有識者らの最後の検討会を大阪市内で開き、開催概要の報告書案をまとめた。
テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。2025年5月3~11月3日、大阪湾岸部の人工島「夢洲(ゆめしま)」で開催する。政府は報告書案への意見を募ったうえで、4月に立候補を閣議了解する。
テーマを英語で「Designing Future Society for Our Lives」と表現。高齢化が進む日本を、「世界における未来社会の実験場」と位置付け、「人類共通の課題の解決に向けたアイデアを発信し、異なる知と知が融合することで、新たなアイデアが生まれる場」と提示する。
開催時間は9時~22時とし、期間限定で24時間開催も検討する。夢洲のうち約100㌶を会場とし、入場者数を2800万~3000万人と想定している。