大阪万博誘致「関西全体で支援」関西広域連合が方針

大阪万博誘致「関西全体で支援」関西広域連合が方針

大阪府が誘致を目指す2025年の国際博覧会(万博)をめぐり、関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)は9月22日、大津市で開かれた会合で関西全体で取り組む方針を決めた。
松井一郎大阪府知事は会合で「関西が持つ英知と技術を結集し、超高齢化社会、人類の健康に新たなイノベーションを起こしたい」と他自治体に協力を要請した。これを受け、他の委員から「広域的な”おもてなし”が必要になる。関西全体で支援していくべき」(山田啓二京都府知事)などと賛同の声が上がり、広域連合として国や関係機関に対する誘致の働きかけを積極的に行っていく-との決議文を全会一致で採択した。