大阪の商業地 地価上昇率の上位5位独占 訪日客増で

大阪の商業地 地価上昇率の上位5位独占 訪日客増で

国土交通省によると、今年1月1日時点の地下公示で大阪の商業地の地価上昇が目立ち、全国の上昇率の上位5位までを独占した。訪日外国人旅行者の増加が続いていることが背景にある。
大阪府内の商業地の平均の地価は4年連続で値上がりし、上昇率は5%と昨年に続いて全国の都道府県で最も高くなった。大阪・ミナミの中央区道頓堀1丁目の「づぼらや」は41.3%の値上がりで全国第1位の上昇率。同じくミナミの中央区宗右衛門町の「CROESUS 心斎橋」が全国2位の35.1%の上昇率となるなど、商業地の上昇率は大阪市内が全国で5位までを占めた。
一方、大阪府内の住宅地の平均の地価は昨年と比べて横ばいだった。北区紅梅町の9.9%の値上がりが、大阪府内の住宅地で最も高い上昇率となった。地価公示、大阪府内では1715地点が調査対象になっている。