地下鉄民営化 準備会社6/1設立 年内に社長人事も

地下鉄民営化 準備会社6/1設立 年内に社長人事も

大阪市の吉村洋文市長はこのほど、市営地下鉄の民営化に向けた手続きなどを行う準備会社を6月1日に設立し、社名を「大阪市高速電気軌道株式会社」とすることを明らかにした。
大阪市営地下鉄は、今年3月の市議会で民営化のための条例案が可決され、2018年4月にも民営化が実現することになった。新会社の愛称とロゴは公募し、新会社の事業開始に合わせ発表する方針だ。また、新会社の社長人事について、吉村市長は「具体的な交渉はまだだが、年内には決めたい」と述べた。