四天王寺の奇祭「どやどや」900人の高校生らが参加

四天王寺の奇祭「どやどや」900人の高校生らが参加

大阪・四天王寺(大阪市天王寺区)で1月14日、天下泰平や五穀豊穣を祈願する新年の伝統行事「どやどや」が盛大に執り行われた。
今年はとりわけ今冬最も厳しい寒波が襲来した中、約900人の男子高校生らが紅白の鉢巻き、ふんどしの勇ましい姿で参加。祈祷されたわずかな護符が境内・六時堂から撒かれるたびに、この護符を掴み取ろうと豪快に体をぶつけ合う。
日本屈指の奇祭として知られ、元日からこの日まで14日間続けられる修正会(しゅしょうえ)法要の結願(けちがん)日に行われる。この日、境内では清風高校、清風南海高校の生徒が紅白軍に分かれ参加した。
参詣者らは、極寒の中、力水を浴びた体からもうもうと湯気を立てながら、競って護符を掴み取ろうと体をぶつけ合う奇祭を見守った。