北陸新幹線の京都ー大阪「南回りルート」最終決定

北陸新幹線 京都―大阪「南回りルート」最終決定

自民・公明の政府与党のプロジェクトチームは、北陸新幹線の京都―大阪までの区間について、東海道新幹線の南側の京都府京田辺市に新駅を設置する「南回りルート」の採用を正式に決定した。
国土交通省によると、新大阪―金沢間は現在、在来線で2時間29分かかるが、新幹線が開業すると最短およそ1時間20分で結ぶことが可能になる。ただ建設費は新大阪から福井県の敦賀までで、およそ2兆1000億円に上る見込みで、財源の確保が課題となる。