中部電力 脱炭素へ30年度までに再生エネと海外に1兆円投資

中部電力(本社:名古屋市東区)は11月24日、長期経営戦略で2030年度までの10年間で、再生可能エネルギーや脱炭素に向けた海外事業などに約1兆円を投資する計画を明らかにした。これにより、全体に占める再生可能エネルギーの電源比率を現在の約16%から2030年ごろまでに20%程度に引き上げる。脱炭素社会実現のため再生可能エネルギー推進を加速する。

中部電力 脱炭素へ30年度までに再生エネと海外に1兆円投資

中部電力(本社:名古屋市東区)は11月24日、長期経営戦略で2030年度までの10年間で、再生可能エネルギーや脱炭素に向けた海外事業などに約1兆円を投資する計画を明らかにした。これにより、全体に占める再生可能エネルギーの電源比率を現在の約16%から2030年ごろまでに20%程度に引き上げる。脱炭素社会実現のため再生可能エネルギー推進を加速する。