ノルアドレナリンは物を見分ける能力高める 阪大チーム

ノルアドレナリンは物を見分ける能力高める 阪大チーム

大阪大学の研究チームは、緊張した時などに脳内に分泌されるノルアドレナリンという物質は、物を見分ける能力を高めることをラットの実験で発見した。
研究チームは、ノルアドレナリンが作用するのに必要な脳内の3種の受容体をそれぞれ働かなくさせる薬をラットに与え、白黒模様の明暗を見分ける能力の変化を調べた。
3種のうち「β」というタイプの受容体を働かなくさせる薬を与えた場合だけ、見分ける能力が低下。ノルアドレナリンはこの受容体に作用して明暗を見分ける能力を高めていたと考えられるという。