「都構想」否決なら「総合区」実現を担保 吉村市長

「都構想」否決なら「総合区」実現を担保 吉村市長

大阪市の吉村洋文市長は、大阪市の行政機構の見直しを巡って、いわゆる「大阪都構想」が住民投票で否決された場合には、公明党が主張する「総合区」が実現することを担保したいとの考え方を示した。
大阪市の行政機構見直しを巡っては、大阪維新の会が大阪都構想を掲げる一方で、公明党が総合区の導入を主張している。吉村市長は今後設置する法定協議会で、都構想と総合区の両方の設計図を検討するという柔軟な考え方を示している。これは住民投票の実施に向け、公明党の協力を取り付ける狙いがあるとみられる。