阪急が梅田ー大阪空港 宝塚線・曽根から新線検討

阪急が梅田-大阪空港 宝塚線・曽根から新線検討

大阪空港への新たなアクセスとして、阪急電鉄が宝塚線の曽根駅から大阪空港を結ぶ鉄道路線を検討していることが明らかになった。この区間は、直線距離でおよそ3㌔あり、地下に路線を建設することを検討している。
国土交通省に対しては、すでに路線の構想を伝えているが、巨額の費用を伴うことから需要予測や採算性についての検討を踏まえたうえで、建設の是非を判断するとみられる。
この路線が実現すれば、阪急の梅田駅から乗り換えなしで直接、大阪空港に乗り入れることが可能になり、現在のモノレールやバスに加えて梅田駅から大阪空港へのアクセスが大幅に向上することが期待される。