関空にLCC「エアアジアX」が初のハワイ便開設

関空にLCC「エアアジアX」が初のハワイ便開設

日本とハワイを直接結ぶLCC(格安航空会社)で初めての路線が関西空港に開設され6月28日、運航が始まった。定期便の運航を始めたのはマレーシアに拠点を置く「エアアジアX」で、関西空港とハワイのホノルルを結ぶ定期便を週4往復運航する。
フライト時間は片道およそ8時間と少し時間かかるが、料金は大手航空会社より3割以上安く、すでに8月末の便までほぼ満席という。