地銀統合束ねる持株会社は「関西みらいFG」で

地銀統合束ねる持株会社名は「関西みらいFG」で

経営統合に向けて手続きを進めているりそなホールディングス(HD)傘下の近畿大阪銀行(大阪市)、三井住友フィナンシャルグループ(FG)傘下の関西アーバン銀行(大阪市)とみなと銀行(神戸市)が、地銀3行を束ねるために設ける共同持ち株会社の社名を「関西みらいフィナンシャルグループ(FG)」で調整している。経営陣の人選や本社の所在地などとともに、9月末の最終合意に向けて詰める。
これら地銀3行の経営統合はりそなHDと三井住友FGが主導し、今年3月に3行が持株会社のもとで2018年春に経営統合することで合意している。持株会社への出資比率はりそなHDが50%超、三井住友FGが20%程度となる見通し。経営統合すれば総資産が11.5兆円となり、関西最大の地銀グループができる。