シャープ 東証1部復帰へ申請 再建進む

シャープ 東証1部復帰へ申請  再建進む

台湾の鴻海精密工業の傘下で経営再建中のシャープは、東証1部への復帰に向けて6月30日、東京証券取引所に申請を行った。
同社は2016年3月期のグループ全体の決算で、2559億円の最終赤字を計上し債務超過に陥ったことを受けて、2016年8月1日、東証2部に降格された。
しかしその後、鴻海からの出資が完了し、債務超過を解消するとともに、鴻海出身の戴正呉社長の就任以降、業績は急回復している。ただ、同社の1部復帰は手続き上3カ月程度かかる見込み。