大阪地検 籠池夫妻を国の補助金詐取で起訴

大阪地検 籠池夫妻を国の補助金詐取で起訴

大阪地検特捜部は8月21日、学校法人「森友学園」の補助金不正受給事件で、小学校の建設を巡り国の補助金をだまし取ったとして、前理事長の籠池泰典容疑者(64)と妻の諄子容疑者(60)を詐欺罪で起訴した。また、同特捜部は同学園が運営する「塚本幼稚園」の運営にあたり、籠池被告らが大阪府からも補助金をだまし取ったとして詐欺容疑で再逮捕した。
籠池被告らは大阪府豊中市で開校を計画していた小学校の校舎建設について、建設工事費を水増しするなどして2017年2月までに国の補助金5600万円余りをだまし取った容疑で逮捕されていた。また、幼稚園の運営で障害のある子供や専従の教員の数を水増しして大阪府の補助金合わせて9200万円余りをだまし取ったとみられている。