10/19 大阪市中央公会堂で芸術公演「コリアデー」

10/19 大阪市中央公会堂で芸術公演「コリアデー」

韓国の伝統音楽が楽しめる芸術公演「コリアデー」が10月19日、大阪市北区・中央公会堂で開かれる。音楽やファッションなどを通じて日韓関係を深めるイベント「コリアマンス2014友情と希望」(10月9~11月16日、大阪韓国文化院主催)の行事。

公演は2つに分かれ、午後2時からは3階中集会室で「クラシックと響き合う韓国の音色(響き2)」とし、アンサンブルなどの演奏。午後5時からは1階大集会室で「伝統と響き合う韓国の音色(響き1)」と題し、釜山国際チェンバーオーケストラ、伝統合唱団「ドゥレソリ」ポップオペラのデュエット「ヒュー」らが出演する。参加無料だが事前の申し込みが必要。

11/8大阪で「学生ドリームプラン・プレゼンテーション」

11/8大阪で「学生ドリームプラン・プレゼンテーション」

社会に役立つ事業や夢を語る学生たちを応援しよう–。そんなイベント「学生ドリームプラン・プレゼンテーション」が11月8日、大阪市北区の中央公会堂で開かれる。大学生たちが実行委員会をつくり、「人の夢を応援することが自分たちの成長にもなる。多くの人に参加してほしい」と呼び掛けている。社会貢献や事業の夢を語り、支援者を募って実現につなげるイベント。11月8日は関西の大学に通う2~4年生7人が、10分間の持ち時間でそれぞれの夢や熱い想いを発表する。

関西は20年に800万人目標 外国人旅行者誘致活動強化

関西は20年に800万人目標  外国人旅行者誘致活動強化

関西広域連合は10月3日、大阪市で観光・文化振興計画の見直し作業を進める有識者会議を開いた。2020年の東京五輪・パラリンピックまでに関西を訪れる外国人旅行者を年間800万人にするとの目標を設定。東南アジアへのPR強化に重点的に取り組む方針を盛り込むことを確認した。

関空に国内線LCC向けの第4ターミナル建設構想

関空に国内線LCC向けの第4ターミナル建設構想

新関西国際空港会社の安藤圭一社長は10月3日、関空に2016年度オープンする格安航空会社(LCC)専用の第3ターミナルと接続する形で、国内線LCC向けの第4ターミナルを建設する構想を明らかにした。同社長は国内外のLCCから関空への就航要望が相次いでおり、「第3ターミナルだけでは足りない。第3ターミナルは、第4ターミナルがすぐ拡張できる計画になっている」と述べた。

北米からのマツタケ輸入ピーク 関空に秋の味覚

北米からのマツタケ輸入ピーク  関空に秋の味覚

秋の味覚、マツタケの北米からの輸入が10月2日、関西空港でピークを迎えた。税関職員が倉庫内で到着したばかりの箱の封を切ると、辺りにマツタケの豊かな香りが広がった。輸入業者によると、今年は北米の干ばつで出荷が遅れていたが、平年並みの品質のマツタケが到着している。

大阪税関関西空港税関支署によると、同日だけでカナダ産や米国産など約6㌧分が到着。例年、輸入量の約70%が関空に到着する。検査を終えた後は、トラックなどで各地へ輸送。100㌘当たり1500円程度で、全国の店頭に並ぶ見通し。

大阪府・市 カジノ法案の今国会での成立を期待

大阪府・市  カジノ法案の今国会での成立を期待

政府・自民党はカジノを中心とした統合型『リゾートを推進する法案の今国会での成立を目指す方針だ。安倍政権が掲げる成長戦略の進展を強調する狙いで、採決に慎重な公明党との調整がカギとなる。

このカジノを中心とした統合型リゾート法案の成立に、いまどの自治体よりも熱い視線を送っていると思われるのが大阪府・市だ。大阪府・市は松井知事、橋下市長がカジノ誘致を、関西復権に向けた成長戦略の一つに挙げ、大阪湾の人工島「夢洲(ゆめしま)」への誘致に大きな期待を寄せている。

統合型リゾート推進法案(カジノ法案)は自民党、維新の党、生活の党などの有志による議員連盟が提出し、先の通常国会から継続審議となっている。法案は施行後1年以内にカジノ実現のために必要なルールを定めた関連法の整備を進めるよう政府に求めている。このため、カジノ法案が施行すればすぐに解禁できるといううわけではない。同法案の施行後に政府が提出する関連法案の成立が必要となる。

武将姿の和田さんら登場 大坂の陣400年祭開幕

武将姿の和田さんら登場 大坂の陣400年祭開幕

「大坂の陣400年天下一祭  冬の陣」イベントが10月1日、大阪市の大阪城公園で開幕した。出陣式で歌手の和田アキ子さん、歌舞伎役者の片岡愛之助さんが武将姿で登場した。大阪府、市、企業などが企画。戦国時代を大画面の映像で再現するコーナーのほか、当時の料理を現代風にアレンジしたメニューが愉しめ、国の重要文化財も公開される。大阪の魅力を国内外に発信する一大催しだ。

4Kで戦国絵巻「侍ミュージアム」大坂の陣400年祭

4Kで戦国絵巻 「侍ミュージアム」大坂の陣400年祭

大阪城公園(大阪市中央区)で10月1日に開幕する「大坂の陣400年天下一祭」の戦国時代体験施設「侍ミュージアム」が9月30日、報道陣に公開された。戦国時代を再現した高精細な「4K」映像を大画面で上映し、戦国時代へタイムスリップした感覚が味わえる。

ミュージアムは大阪城北側の極楽橋エリアにある。豊臣秀吉が騎馬兵らを率いた総勢100人の合戦の場面など、臨場感たっぷりの迫力ある映像が繰り広げられ楽しめる。併設の「武将ホール」では大阪城の歴史を探る3D映像などが上映される。両施設合わせた見学料は大人1000円、中高生500円、小学生200円、小学生未満は無料。

USJ 9月135万人で2カ月連続で過去最多を更新

USJ 9月135万人で2カ月連続で過去最多を更新

大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は9月30日、9月の入場者数が135万人となり、月間の過去最多を2カ月連続で更新したと発表した。7月15日に開業したハリー・ポッターの新エリアの人気が続いているためで、夏休みの8月を上回った。この結果、4~9月の入場者数は555万人、前年同期より約10%増えた。これまでの月間最多は、今年8月の133万人だった。

関空・免税店エリア内に「ユニクロ」15年3月出店

関空・免税店エリアに「ユニクロ」15年3月出店

新関西国際空港は9月30日、関空第1ターミナル内の免税店エリアに、カジュアル衣料品店「ユニクロ」が2015年3月にオープンすると発表した。空港内としては日本最大(約450平方㍍)の規模。同ターミナル内では、増え続けている外国人旅行客をターゲットに、免税店エリアを約1.4倍に拡大するリニューアル工事中で、ユニクロは拡大後の核店舗の一つになる。