都構想後の市政「建設的な論議ない」大商会頭が懸念

都構想後の市政「建設的な論議ない」大商会頭が懸念

大阪商工会議所の佐藤茂雄会頭は6月19日、大阪都構想を巡る住民投票後の大阪市政について「三星は、反対派が互いを認め合い、改革が推進されることを期待したが、大阪の発展に向けた建設的な論議はされていない」と懸念を示し、双方がビジョンを作り、具体的に行動する必要があると指摘した。

関空➡大阪駅 7/1から24時間バス運行

関空➡大阪駅  7/1から24時間バス運行

関西国際空港と大阪駅を結ぶリムジンバスを運行する関西空港交通などの3社は6月18日、深夜早朝の関西空港発の便を7月1日から始めると発表した。関西国際空港から大阪市内に24時間アクセスできるようになる。
新関西国際空港会社によると、国内の空港でバスや電車の24時間運行は初めて。

関西に新ビジネス発想研究組織 近畿経産局

関西に新ビジネス発想研究組織   近畿経産局

近畿経済産業局とアジア太平洋研究所は家電、食品、交通、エンターテインメントなど幅広い業種の企画部や新規事業部の担当者を集め、関西発で新ビジネスを発想する研究会を7月に立ち上げる。2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでにITを使い、従来にない異業種を組み合わせてインパクトの高いビジネスアイデアを発想する。
研究会の名称は「MIRAIDEA(ミライディア)–産業交流の十字路」。健康、省エネルギー、安全など社会的課題をテーマとする。参加するのはアシックス、がんこフードサービス、大和ハウス工業、パナソニック、京阪電気鉄道、吉本興業など21社。
鉄道、アパレル、エンターテインメント、家電、飲食、住宅などの異業種をITを活用して組み合わせ、ゲストスピーカーを交えた勉強会や参加者同士の討議を通じて、従来にないビジネスアイデアの創出を目指す。2年後の17年6月に成果発表を目指す。

府立体育会館「エディオンアリーナ大阪」に

府立体育会館「エディオンアリーナ大阪」に

府教委は6月17日、府立体育会館(大阪市浪速区)の命名権(ネーミングライツ)を、家電量販店大手の「エディオン」(同市北区)に売却し、愛称は「エディオンアリーナ大阪」となると発表した。契約料は年2100万円。期間は9月1日から3年間。

愛染娘ら浴衣姿でPR 6/30から「愛染祭」

愛染娘ら浴衣姿でPR 6/30から「愛染祭」

天神祭、住吉祭と並び大阪三大夏祭りの一つに数えられる「愛染祭(あいぜんまつり)」(6/30~7/2)をPRしようと、そろいの浴衣姿の愛染娘ら一行が6月18日、各新聞社(大阪本社)、在阪放送局を巡った。一行は一般公募で選ばれた愛染娘12人のほかダンスユニット「愛染女組」のメンバーや世話人ら計約30人。
愛染祭は、大阪夏祭りのトップを切って開催される愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん、大阪市天王寺区)の例祭。約1400年の歴史がある。祭りのメインは初日の宝恵(ほえ)かごパレード。12人の愛染娘が乗り込み、威勢のいい掛け声とともに街を練り歩く。

大阪で一番早い夏の花火大会 6/21 高石市で開催

大阪で一番早い夏の花火大会 6/21 高石市で開催

大阪で一番早い夏の夏の花火大会を売りにする「高石シーサイドフェスティバル2015」が6月21日、高石市の浜寺公園で開催される。同公園のかつての賑わいを取り戻そうと企画された同フェスティバルも、今年で3回目。
当日は交通遊園前広場で午前10時からフリーマーケットを開催。浜寺公園南児童遊技場特設ステージでは午後4時から開会式があり、地元のゆるキャラ「てんにょん」や大阪府の「もずやん」に加え、熊本県の「くまモン」が登場し、くまモン体操を来場者と踊る。
花火は午後8時から約25分で、約1400発を打ち上げる予定。

堺市議会で「大阪戦略調整会議」設置条例案 6/24成立へ

堺市議会で「大阪戦略調整会議」設置条例案 6/24成立へ

堺市議会の総務財政委員会が6月18日開かれ、委員会付託されていた「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の設置条例案を賛成多数で可決した。24日の本会議で可決、成立する。提案した自民党堺市議団は「7月中に条例施行し、11月にも予定されている知事、大阪市長のダブル選前に、2回開催できれば」としている。

近畿5月の貿易黒字1091億円 電子部品など伸びる

近畿5月の貿易黒字1091億円 電子部品など伸びる

大阪税関が6月17日発表した5月の貿易概況(速報)によると、近畿2府4県の輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1091億円の黒字(前年同月は273億円の赤字)だった。黒字は3カ月連続。電子部品などが伸び、輸出額は2.7%増の1兆2642億円。輸入額は8.2%減の1兆1551億円だった。

大阪府「政令市連携室」7/1新設 大阪会議設置で

大阪府「政令市連携室」7/1新設  大阪会議設置で

大阪府は7月1日付で、「政令市連携室」を新設することを決めた。府と大阪、堺両政令市の間で二重行政解消を協議する「大阪戦略調整会議」(大阪会議)が設置されることを受けたもの。大阪会議の設置に向けた規則の策定や、設置後の会議運営に必要な両市との政策調整などを担当する予定で、職員は十数人規模になる見通し。

関西企業景況感プラス幅拡大 自社の業況判断マイナス

関西企業景況感プラス幅拡大 自社の業況判断マイナス

関西経済連合会と大阪商工会議所が6月18日発表した経営・経済動向調査によると、関西企業による4~6月期の国内景気の見方を示す景況判断指数はプラス21.0となった。プラス幅は1~3月期の18.2より拡大したが、前回調査の1~6月期予想値(プラス23.8)を下回った。
先行きの予想値は7~9月期が25.4、10~12月期は28.2で、今後もプラス幅の拡大続くと見込む。
自社の経営環境を示す業況判断指数はマイナス2.4で、消費税増税の影響があった2014年4~6月期以来4期ぶりにマイナスに転じた。円安による輸入原材料価格の上昇や、関西電力による電気料金の再値上げが響いた。
調査は5月18日~6月3日、関経連と大商の会員企業1695社を対象に実施。464社から回答を得た。