@akind のすべての投稿

食べて応援!東北の復興 6県の食品,梅田に集結

 東北6県(青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島)の食品約400種類を集めた期間限定のショップが6月13日、阪急梅田駅(大阪市)構内にオープンした。阪急阪神ホールディングスの子会社が企画し、東日本大震災の被災地への復興支援として売り上げの一部を寄付する。期間は7月12日まで。
 宮城県の牛タンや笹(ささ)かまぼこなど定番品を充実。青森県のリンゴを白味噌で煮込んだ「りんごみそ」など地元で人気の商品を加え、6県の酒約90種類を揃えている。

USJで新作「ハリーポッター」に先駆け一部場面を再現

 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市)は6月8日、7月15日にオープンする映画「ハリーポッター」を題材にした新エリアの一部を報道陣に公開した。招待された小学生らが一足早く映画の世界を楽しんだ。今回、公開されたのはメーン施設「ホグワーツ城」の中にある「動く肖像画の廊下」。肖像画の中の人物が顔や手を動かしながら会話する様子に、大きな歓声が上がっていた。この日は原作に登場するソフトドリンク「バタービール」の試飲もあった。

「大阪製ブランド」システム手帳など7点を認証選定

 大阪府は6月9日、府内の中小製造業による優れた消費財を認証する「大阪製ブランド」の2013年度分に7点を選んだと発表した。とくに優れた「ロールモデル製品」には取り外せる革製ポケット付きのシステム手帳など2点を選んだ。16日に認証式を開き、製品の情報発信や販路開拓を支援する。

1カ月水を与えなくても育つ“干ばつに強いイネ”を開発

農業生物資源研究所 主任研究員 宇賀優作(39歳)
 加速する地球温暖化で、世界各地に思いもかけない形で起こる様々な天災。その結果、食糧難で飢餓の苦しみに追い詰められる国々が、まだまだ少なくありません。そんな食糧難から世界の子供たちを救うべく、1カ月間、水を与えなくても育つ“干ばつに強いイネ”の開発に取り組み成功したのが宇賀優作さんです。快挙と称賛する一方、夢のような、「うそ」と疑いたくなるような新品種の開発です。         
 人口増加や気候変動などによって食糧不足が懸念される中、いま世界各国の多くの学者が挙(こぞ)って研究を進めているのが、“干ばつに強いイネ”をつくることです。この熾烈(しれつ)な開発競争の中、いち早く極めて有益な解答を出したのが宇賀さんです。宇賀さんは世界で初めて“干ばつに強いイネの遺伝子”を発見。「ゲノム=遺伝情報」を分析し、新しいコメをつくる「イネゲノム育種」による品種改良で、なんと“1カ月、水を与えなくても育つイネ”の開発に成功したのです。
宇賀さんの快挙はTBS系で4/27放送の「夢の扉」で紹介されています。