関西の発展・飛躍を願う 各界が一堂に会し新年互礼会

関西の発展・飛躍を願う各界が一堂に会し新年互礼会

仕事始めの1月4日、大阪・中央区のホテルで各界の代表らが一堂に会する「新年互礼会」が開かれ、各界からおよそ2,300人が参加した。
まず大阪商工会議所の尾崎会頭が「2025年の万博の開催が決まったことは皆さんのご支援の賜物でお礼を申し上げる。今年も力を合わせて半歳の発展に向けて頑張りたい」とあいさつ。また、関経連の松本会長は「関西ではG20サミットをはじめ、ラグビーワールドカップなどが続き、その先に2025年の万博が控えている。関西経済を復活させる最初の1年となるよう盛り上げていきたい」などと語った。